帳簿付けに初めてチャレンジしてみた!しかも手書き

2018年7月27日

スポンサーリンク

designedbyjess / Pixabay

 

簿記素人が、手書きの帳簿付けにチャレンジ!

果たして、上手くいくのか。

 

 

手書きで帳簿付けする理由

個事業主になって、必要になるのは、会計処理です。

確定申告をしなければいけないので、日々会計処理をしておかなければなりません。

つまりは経理です、簿記です。

 

しかし!

「簿記って、何でしょう??」

そんな簿記素人の私が、インターネットで調べまくって、手書きで帳簿付けに挑んでみました。

何事もチャレンジです。

なぜ手書きかって?

 

会計ソフトが意外と高いと思ったから。

使おうと思ってたクラウド会計ソフトが、月々980円なんです。

「月々980円って、経費になるし、安いね。」

って思ったんですけど、よくよく考えてみて、

年間1万2千円も払わないといけないことに気がついた。

 

2年使えば、2万4千円ですよ!

パソコンのソフトで2万円超えって結構良い値段だと思うのです。

しかも、クラウドで使うからシステムデータが手元に残るわけでなく、契約終了してしまうと残らない。

 

何かもったいない気がしたので、当面は手書きでいくことにしました。

できそうになかったら諦めてクラウド会計ソフト使います。

 



コクヨの仕訳帳と元帳を買ってみた

手書きで帳簿付けをするために、コクヨの仕訳帳と元帳を買いました。

ルーズリーフなので自由に使えます。

 

仕訳帳はそのまま仕訳帳に使用。

元帳は、それぞれ現金出納帳、売掛帳、経費帳などに使用。

 

コクヨの帳簿って、B5サイズなんですね。

 

 

いざ、手書きで帳簿付け!してみた

インターネットで調べまくって、いざ、仕訳帳に記載!

慣れないので、書き間違えしまくりです。

左に書いて、右に書いて、行を間違えて、あああぁ。

 

そうか、支出だけでなく収入も仕訳帳には書かないといけないのね。

日付順だから忘れると訂正が大変ね。

 

1月、2月分の仕訳帳の記載と、開業費の記載をチャレンジしてみたんですが、

一旦休憩、と言う名の挫折。

 

 

何回か書き間違えて、だいぶ慣れてきました。

今度は仕上げることができるはず。

 

しっかし、アフィリエイト収入は、収入先がいっぱいあるので大変ですね。

支出も収入も、内税が面倒過ぎます。

いちいち内税を計算するのが面倒で面倒で。

 

売上なければ税込経理にすべきってのが、身をもってわかりましたよ。

それでも消費税を別にしたい私は、税抜経理を貫く予定。

 

良いんです。どうせ1,000万円の売上なんて無理ってわかってます、ええ。

ただやりたいだけなんです。

 

 

手書きで帳簿付けしてみた、感想

Google adsenseが輸出免税で、消費税かからないそうで。

ポイント収入の扱いやら、免税やら、面白いものです。

 

 

仕訳帳の日付順が意外と面倒と言うか、何かいつも忘れそうなので、

Numbers(エクセルのmacバージョンのようなもの)でやろうかな。

手書きだとパソコン立ち上げなくても良いので、パッと出来るのが子育て中の私には楽なんですが。

どうしようかなー、と悩み中です。

 

特に支出も少ないし、手書きで大丈夫だろうと思っていたけど、

案外収入が面倒ですね。

 

スポンサーリンク