貧乏一家の母だから言いたい!”YouTuberゆたぼんと不登校”、子育てに関する考え方の違い

スポンサーリンク

世間ではYouTuberの不登校について話題になっているとか。

最初はあまり興味がなかったので、記事にするのが遅くなりました。

 

「我が子にはある程度の学力を持って欲しい。」と思っている母としては、

子供にあえて勉強させない親御さんの考えは理解不能です。

 

YouTuberゆたぼんの不登校に関する問題って何?

世間で賛否が別れるYouTuberゆたぼんの不登校に関する問題。

ゆたぼんがupした動画が炎上してますが、大元の動画を見たくないので見ていません。

(わざわざ再生回数を増やして儲けさせたくないのです。)

 

が、この件に関しては、ゆたぼんが「不登校を積極的に推奨している。」ことが大きな問題になっているようです。

いろんなサイトさんがゆたぼんだけでなく、彼の父親についても言及しているので検索してみてください。

 

今回、調べたりニュースのコメンテーターの意見を聞いたりしている中で、

すごい興味深かったのは、「幸福の科学」の大川隆法の息子さん三代目宏洋さんの動画です。

>>『少年革命家youtuberゆたぼん』について思うこと 子供は親の道具じゃないぞ!

 

ゆたぼんは洗脳、虐待されている?!

宏洋さんならではの視点が、納得!でおもしろい。

 

「ゆたぼんの目が死んでいる。」とコメントされていましたが、

なるほど、ニュースでゆたぼんを見た時の違和感はこれか!と思いました。

 

ニュースでゆたぼんが動画に関してのインタビューを受けているのを見ましたが、

「家で自由に過ごしている。」「楽しく過ごしている。」

と言うわりに、全然楽しそうじゃなし、生き生きしていなかったんです。

 

父親の存在

ゆたぼんは、動画の中でカンペを読んでいるだろうとのこと、

そしておそらくは、そのカンペを作っているのは父親だろうこと、

そして、「ロボットになるな。」と言っていゆたぼん自身が父親のロボットになっているのでは、と言われています。

 

父親に関しては、ああ、やっぱり「この親にしてこの子あり」なのでしょうか。。。

ゆたぼんは、父親の言いなりになっている可能性があり、虐待に当たるのではないかとも言われています。

 

義務教育、は親に課せられる義務

日本では、小学校と中学校が義務教育です。

これは親に課せられた義務で、親は自分の子を小学校、中学校に通わせるように取り計らう義務があります。

子どもが通わなければいけない、と言う義務ではありません。

 

驚くべきことに、現代でも宏洋さんみたいに家の事情で幼稚園、保育園に通っていない子も少なからずいます。

 

子どもの意志をどこまで尊重するか?!

ある日、我が子が「学校に行きたくない。」と言い出したらどうしましょう。

いつかは出てくるであろう問題だと思います。

 

子によって、友達関係だったり、先生との関係だったり、勉強についていけないとか、学校に行きたくない理由はさまざまでしょう。

私も昔いろいろありましたが、誰しもそうですよね。

 

もし自殺を考えるくらい追い詰められているのであれば、「学校に行かなくても良い。」と伝えると思います。

コミュニティーは学校だけではありませんし、逃げ場は必要だと思うのです。

 

でも、ゆたぼんみたいに「宿題を拒否したことが発端」と言う理由は、親としては怒るところかなーと思います。

いや、やるべきことはやろうよ。

そこは「子どもの意志を尊重」すべきところではないでしょう。

 

「やりたくないから」やらないで良い?

今回のゆたぼんの件は、はっきり言ってどこまで本人の意志なのか、父親の意見なのかがわからないのですが、

「やりたくないからやらない」を容認しすぎると、「仕事したくないから働かない。」ダメ人間になりそうで怖いです。

 

すごいストレートな本音を書きますが、

今までの自分への自戒の意味を込めて書きますが、

 

「やるべきこと(義務)を果たさない人ほど、自由とか権利とかをやたら主張する!!」

 

と思うのです。

 

大人になってから苦労する!(断言)

習い事とか部活とか、やるやらないを選択できるものに関しては、「やりたくないからやらない。」でも良いと思うんです。

しかし、宿題とかやるべきことを「やりたくないからやらない」「納得できないからしない」は大人になった時に苦労します!(ソースは私)

 

大人になったらやりたくないことのオンパレードですよ。(料理も片付けも仕事もやらなくて良いならやりたくないのが本音。)

上司の命令が納得できなくてもやらないといけないんですよ。

それで「自分に合わない。」「社会が周りが悪い。」なんて言ってたら生きにくいことこの上なしです。

 

旦那を見ていて思ったんですけど、”納得できなくても言われたことを従順に行うこと”のは小さい頃からの訓練が必要だと思います。

逃げ癖はつけるべきではないです。本当。

 

不登校を否定はしないけど、、、

ニュースのコメンテーターが「不登校を否定はしませんが、苦労しますし、おすすめはしません。」と言っていましたが、

私も同じ意見です。

 

自殺するくらいなら不登校で良い。

けど、行きたくないからと言う漠然とした理由で不登校を積極的に選ぶのはないと思います。

 

 

ホームスクーリングとは?!

世界を見てみると、学校ではなくホームスクーリングを行なっている家庭もあります。

家で親などが子どもに勉強を教えるシステムで、定期的に学校に登校したり課題を提出したりするようです。

 

国土が広すぎて物理的に学校に毎日通うことが難しかったり、

地域の学校がドラッグなどが蔓延していて危険だったり、言語や宗教の違いによるものだったりして、

ホームスクリーングになるご家庭があるようです。

 

日本でも一部ホームスクーリングを行なっている家庭がありますが、システムは全然整っていいません。(知り合いの家庭が行なっていて少し知ってます。)

ホームスクーリングではなくても、フリースクールなどの選択肢も一応はあります。

 

学校に行かなくても基礎的勉強は必要

ゆたぼんの問題点は、学校に行かず、国語算数理科社会の基礎的勉強を何もしていないことにもあると思います。

(ニュースのインタビューで、家で勉強していないと発言していました。)

ホームスクリーングすらしていないと言うことです。

これは、義務教育違反(と虐待)だと思われますが。。。

 

彼は、1日中パソコンで何を学んでいるんでしょう?

パソコンの画面を通してでは人間関係は学べません。

人間関係とは、面と面を合わせて築きあげるものだからです。

10歳にしてニートかあ。(YouTuberと言っていますが、実態はニートと何が違うんでしょう?)

 

貧乏一家の母だからこそ、言いたいこと!

私なら、

「就学支援で給食費出してもらえているんだから、給食だけでも食べてきて!!」

「タダで勉強教えてもらえる場所があるのに、行かないなんてもったいない!」

と言うと思う。(目線が残念感)

 

義務教育はタダですよ。必要経費だけで通えるんですよ。

塾みたいに教えてもらうことにお金がかからないんですよ!

日本人はみんな裕福だから、その貴重さがわからないんですよ。

 

親として、1日中我が子がダラダラ家にいて、三食料理しないといけないなんて、なんの冗談。

ゆたぼんのお母さんは何も言わないんでしょうか。

 

ゆたぼんの不登校問題の本質は

世間を賑わせているYouTuberゆたぼんの不登校問題。

ニュースを見ているだけではわかりませんでしたが、この問題の本質は、問題はゆたぼんではなく父親にあって、

お金稼ぎのために自分の子をダシにしていること、学校にも行かせず、基礎勉強もさせず、YouTuberとして働かせていると言うこと、だと思います。

 

「勉強しなくて良い。」って言ったら、子どもなんてヤッター!と思ってやらないじゃないですか。

でも、何になるにしても基礎学力がないと繋がらないのをみんなわかっているから学校に行かせて勉強させる訳で、

積極的に勉強させない親御さんって、何考えているのか私には理解できません。

 

真の自立って?

ニュースで「将来、誰かが助けてくれるだろう。」みたいなコメントを父親が発言していましたが、

いや、知能指数に問題がないのに小学校の勉強もろくにできない人と誰が付き合いたいと思うのかって話ですよ。

自分を受け入れてくれるコミュニティーがなくて困っている人がたくさんいる世の中で、すごい甘い考えじゃないかと。

 

親って、自分の子が将来生きていくのに困らないように教育すべきなんじゃないんですか?

確かに自分1人で生きていけないですよ。自立って何か問われると難しいですよ。

でも、やっぱり小学校ですらやるべきことをやれない子が、何ができるのか?と疑問に思います。(いじめとか問題がある場合を覗く)

 

ただ、ただもったいない!

健常者として生まれて、問題なく学校に行ける環境があって、

知能指数に問題がなくてやれば授業についていける、と言うことがどれだけ恵まれているか!

 

子が知的障害と診断されて、将来を心配する知り合いの母がいます。

小児がんと診断されて今も入院している知り合いの子がいます。

 

本当に、もったいない。

将来、父親ではなくゆたぼん自身が、ゼーーーーったいに後悔するだろうことはみんなが思っていることでしょう。

その後ツイッターで学校に行くと発言していたようですが、頑張って勉強してくださいゆたぼん。

スポンサーリンク