貧乏一家の災害(台風、地震)対策備蓄、は貧乏ならではの悩みがある

スポンサーリンク

By: Myrtle Beach TheDigitel

缶詰めやお米レトルトパックが賞味期間切れになっていて、いくつか食べずに捨てた私。

貧乏にはそんな無駄なお金はないはずなのに、何度かやらかして、やっと学んだ貧乏一家の災害対策!

 

台風通過中な今、書いてみます。

貧乏が災害用の備蓄をするときに重要なのは直前ではなく、長期的にセールの時を狙うことです!

 

一般的な災害対策は?

一般的な災害対策を調べてると、いろいろ書かれていますが大抵こんな感じ。

  • 飲み水は一人2L目安に3日間〜7日間分常備すべき
  • カセットコンロとガスボンベ用意
  • 3日間〜7日間分くらいの食料常備
  • 非常用カバンを常備
  • 懐中電灯やランタンを人数分用意
  • トイレ対策用品用意

 

などなど書かれています。

 

飲食物には賞味期限がある問題

今回の台風接近に伴い、缶詰めの賞味期限を確認したら、なんと半分は賞味期限が切れていた事実!!

中身入り缶詰めのゴミ捨て面倒なのに、またやらかしてしまいました。。。

もったいない。

 

敗因→ 我が家は、非常用の缶詰めやお水ペットボトルは普段見ない奥に保管しているので、なかなか賞味期限を確認しないから。

 

あと、「缶詰めは長期で保存できるから大丈夫!」という思い込みもダメですね。

缶詰めの賞味期限は案外思うより切れるのが早い。

 

 

食べ慣れない飲食物は災害時に受け付けない?

被災した方々のブログや体験談を見聞きしていると、

「いつもお茶を飲んでいるからお水を子どもたちが飲まなかった。」

「ストレスを抱える災害時に、食べ慣れないものはキツイ。」

というコメントがありました。

 

なるほど。

大人なら「災害時は非常時だからあるもので済ませよう。」でもなんとかなるかもしれませんが、

災害時のストレスMaxの状態の時ほど、温かい食べ物やお菓子などが食べたくなるかも。

 

子どもたちはいつでも、良くても悪くてもお子さま。

「災害が起きて大変!」だから空気読む、なんてことはしてくれないわけで。

 

 

貧乏一家の災害対策を考えてみた

何がって、

  • 賞味期限がいつ間にか切れていること
  • 買ったけど食べなかった

この2つを貧乏なので防ぎたいわけです。

 

水のペットボトルの保管

貧乏一家にありがちなのは、家が狭いこと!

家が狭いと水のペットボトルの備蓄量にも限りがあります。

 

我が家は2L水ペットボトルを16本保管していますが、まあ場所を取るし重い!

運んだり奥に追いやるにも一苦労です。

最低限、家族4人で2L水ペットボトルを12本(3日間分)は常備したいので、場所の確保はなんとか頑張りましょう。

 

コストは、 水道水 < 水ペットボトル です。(ブリタなどの浄水を使っても水道水の方が安い)

水ペットボトルの方が高いので、3日間分くらいが貧乏一家のコスト的にも限界だと思われます。

 

おすすめ管理方法は?

普段使わない場所に水を保管する場合は、見える位置に水の賞味期間を書いたメモを貼っておくのがおすすめ!

賞味期間一ヶ月くらい前に新たな水ペットボトルを購入して交換、飲み切れば良いかと思います。

 

 

食品の保管方法

非常食の保管方法についてですが、私は非常食を保管することを諦めました。

だって食べないで捨てることがあまりに多かったんですもの。

 

消費期限が近くて食べないといけないけど、食べる気の起こらないものは災害時でも食べたいと思わないでしょう。

と言う事で、私は普段使いの賞味期間が長めな食品を多めに買いだめする方法に切り替えました。

 

我が家のいつも使い兼非常食用はこんな感じ↓

  • レトルトカレー
  • さんま缶詰め
  • ミートソースなどのパスタ用パウチレトルト
  • パスタ
  • スープの素(お湯入れたらできるやつ)
  • インスタントラーメン
  • 乾燥わかめ
  • 切り干し大根
  • お米
  • お米レトルト
  • 子どものお菓子

 

さんまの缶詰めはコスト高いですが、ツナ缶を食べると体調不良になる私のちょっとした贅沢。

レトルトカレーとかパスタ用パウチレトルトは安く売ってることが多いので、日常使いでうまく回転させやすいのです。

子どものお菓子は安いときに買いだめするようにしているので、常に我が家にはある程度のお菓子があります。

 

見やすくて取り出しやすい場所にこれらがストックしてあります。

あと念のため、非常用カバンにえいようかんが入っているくらいです。

 

お金があったら、コーン缶とかパン缶とか買い置きして起きたいですが、パン缶は家族分買おうとするとお値段が高い!

 

カセットコンロ&ガスボンベ

災害用にカセットコンロとガスボンベは必須と言われています。

普段温かい料理を食べることに慣れている現代人にとって、常温か冷たい食べ物ばかりになると気が滅入るかもしれません。

冬ならなおさら。

 

今回のような台風ならガスは生きてる可能性がありますが、地震だとガスが止まる可能性が高いです。

フライパンでお米も炊けますし、お湯も沸かせますし、とっても便利。

停電でも野外でも使えるカセットコンロとガスボンベはあって困りません!ので常備しておきましょう。

 

トイレットペーパーの確保

これは噂レベルでどうなるかわかりませんが、東海大震災が起きたらトイレットペーパーが全国で品薄になるかもしれないらしいのです。

トイレットペーパーの工場が静岡県に集中しているからだそう。

(確かに我が家のトイレットペーパーも静岡県産でした。)

 

トイレットペーパーも場所を取るのですが、1ヶ月分は確保しておいた方が良いらしいです。

(我が家だと12ロール1袋 ×4)

 

消費税増税前に買いだめした方もいると思いますが、セール時に買い足す習慣を身につけておけばうまく回転します。

 

その他、買い置きしておく物

  • サランラップ
  • アルミホイル
  • 養生テープ
  • ガムテープ
  • 懐中電灯、ランタン
  • ラジオ
  • 乾電池

 

サランラップとアルミホイル

断水対策で、サランラップとアルミホイルをある程度買い置きしておきましょう。

お皿の上に使えば洗わなくて済むからです。

どの道サランラップもアルミホイルも使う物なので、ストックがあっても困らないものです。

 

養生テープとガムテープ

養生テープとガムテープがあると良いでしょう。

この台風で養生テープ売り切れていましたが、養生テープは窓割れ対策などに使えます。

 

懐中電灯、ランタン、ラジオ、乾電池など

懐中電灯もしくはランタンは人数分用意した方が良いです。

乾電池も数日分は用意しておきましょう。

使用できるか確認したら、電池は外しておくのが良さそうです。(電池を入れておくだけでも減るらしい。)

電池はテープで固定するか一緒に袋にいれるかして一緒にしておきましょう。

 

スマホ用モバイルバッテリーはあると日常でも便利ですね。

ラジオはあると良い鉄板。

ろうそくは地震のときは火災の原因になるかもで微妙ですが、万一映画「サバイバルファミリー」的な災害がないとは言い切れないので、

少しはあっても良いかも。

 

買い置きしたいが、貧乏だから迷うもの

買い置きしたいけど、コスト的に貧乏一家には厳しいものがいくつかあります。

  • トイレ対策用品
  • 水用ポリタンク
  • 水のいらないシャンプー
  • 歯磨きシート
  • 除菌シート
  • 体拭き用大判シート

 

除菌シートは100均で買えるし、子どもがいればお出かけの時に使えるので常備しておきたいかな。

ただ、シート系は使い始めると乾いてしまうので、未使用のを保管したいところです。

 

水のいらないシャンプー(水のいらない泡なしシャンプーなど)は、購入するか二の足を踏んでいます。

トイレ対策用品(BOS非常用トイレセットなど)は、コスト高いんです!

すごい決心して少量買いましたが、そんなにたくさんはムリ。

 

水用ポリタンクはコストの高さよりも置き場所がない!

とりあえず折りたたみ式水入れ(ハック10Lウォータータンクのような)を買ってみたけど、まだ試していないのでなんとも言えず。

 

貧乏一家に重要なのは、直前よりセール時に買うこと!

台風の直前に買うと定価になるのでセールより高くなりますし、お得じゃないし、何よりも売り切れている可能性が大きい!

直前の買い出しはレジで長時間並ぶ必要があったりして時間ももったいなかったりもするので、貧乏一家としては常にセールの時に

  • 乾電池
  • トイレットペーパー
  • レトルト食材、缶詰め
  • 水ペットボトル

の値段をチェックすることをおすすめします!(私は水ペットボトル以外は習慣化してます。)

 

台風のときは家にいるだろうなのですが、問題は地震。

外出の時地震が起きて、家が帰れない状況になっていたらいくら備えていても無駄になってしまうと考えると、

どこまで災害対策に備えておくべきか悩むところです。

 

個人的に欲しい災害対策用グッズ

さすがに貧乏一家に発電機は買えませんが、ソーラーモバイルバッテリーはあっても良いかもと考え中です。

この前、車からスマホに充電できるようにシガーソケットを買ってみました。(が、100均なのでちゃんと使えるかな。)

あと、水を運ぶための台車を買うか迷っています。台車ってけっこうお値段高いので、旦那に頑張ってもらうか、使わなくなったB型バギーを保持しておくか。

 

 

本当言うと、ミニボックス?ミニバン?カーが欲しいんです。

ホンダのフリードとか、トヨタのシエンタとか。

災害時避難しないといけなくなった時、車である程度過ごすことができそうだからという理由。

でも貧乏なので夢のまた夢。(しょせんマイカーは軽自動車)

 

もっと欲を出して言っていいなら、高台の災害に強い土地に家を建てて住みたい。

川周辺、沿岸部周辺は水没しやすいし、昔田んぼだったとか沼だった系も避けたい。

でもそういう土地が安いんですよね。

 

台風と地震と、、、、備えあれば憂いなしだが

「備えあれば憂いなし。」と言いますが、すでに経済的に憂いでいるので正直「災害対策にお金が回らない!」と言いたい。

名古屋は近年大きい災害が起きていませんが、東海地震が怖いですし、大雨降りすぎて川が決壊すると名駅あたりから西は水没するらしいので、

何事もなく暮らせるのが一番ですね。

 

台風と地震が同時とか、ちょっと笑えないと夕方思うのでした。

(台風が近ずいている横浜付近で震度4とか3とかニュース出てましたが、泣きっ面にハチ過ぎます。)

 

スポンサーリンク