FXを1週間やってみた、 トルコリラは儲かるのか考えた <貧乏主婦のFX日記>

2018年8月3日

スポンサーリンク

 

FXを始めて1週間経ちました。

貧乏主婦の初心者が、FXをやってみて1週間、どうなったかの記録です。

 

FX初心者だからこそ、失敗した!トルコリラ

 

FX初心者だからこそ失敗したのは、トルコリラでした。

トルコリラ/円は、スワップポイントが高いとのことで、中期から長期運用によくおすすめされる通貨です。

 

しかし!

しかしですよ奥さん!

トルコリラって、ずーっと、ずーっと下がり続けてるんですよ。

これが長期のトルコリラ/円のチャートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多少の上がり下がりがあるものの、2014 年以降は全体的に右肩さがりです。

他の通貨を見ると、長期的には上がり下がりがあるものですが、

トルコリラは、長期的に下がり続けて上がることがほぼないんです。

 

水曜日スワップ

 

SBI FX トレードのトルコリラのスワップポイントは、2018年3月現在で8円です。

(1000通貨所持の場合。)

木曜日の朝確認したら、倍の16円追加されていました。

これが”水曜日スワップ”と呼ばれるものらしい。

 

FX会社によりますが、木曜日の早朝6〜7時に、土日分がまとめて付託されるそうです。

なので、水曜日の深夜から木曜日の早朝にかけて、日本円が売られて金利の高い通貨が買いになる傾向が強いそうです。

 

知識としてはなんとなく知ってはいたのですが、

なるほど、倍スワップポイントがもらえるのはお得ですね。

 

土曜日朝に確認したら、スワップポイントが意外にも、また倍の16円付託されていました。

なぜに土曜日もスワップポイントが多くもらえたのかは、初心者の私には謎です。

 

 

トルコリラのスワップポイントと為替の差を計算してみる

 

とりあえず何も考えずに、1000通貨トルコリラを所持していたら、1日8円もらえるとします。

1ヶ月30日所持してると、8×30 = 240円。

3ヶ月90日所持で、8×90 = 720円。

6ヶ月180日所持で、8×180 = 1440円。

 

しかし!トルコリラのチャートは右肩下がりです。

これから上がるかは、経済に詳しくもない私には未知の世界です。

でも、多分下がるとして、

例えば3ヶ月後に購入した時より1円下がっていたとすると、1,000円のマイナス。

1.5円下がっていると1,500円のマイナスです。

2円下がっていると2,000円のマイナス。

 

例えば、過去のチャートから計算してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年3月の半年前は、2017年9月ですが、トルコリラは31.66円より上くらいだったようです。

2018年3月21日でトルコリラは27.0円くらいです。

31.66-27.0 = 4.6円

 

1000円通貨だと4.6円下がっていると4,600円のマイナスです!

スワップポイントが1,440円もらえても、

4,600 – 1,440 = 3,160円の損失になる計算になります。

 

もし2017年6月からの半年だと、だいたい2円下がってる感じなので、

2,000 – 1,440 = 560円の損失。

 

これ、1万通貨での取引だったら、2円で5,600円、4.6円で31,600円の損失になるってことですよね。

 

初心者なのでよくわからないのですが、

こんなずっと下がり続けているトルコリラで本当に利益は出るのでしょうか。

スワップポイントを上回る為替の変動で損失が大きいと思うのですが。

 

トルコリラで利益を出すには?

 

そして考えました。

一応、トルコリラのチャートも短いスパンでは上下を繰り返しています。

なので、

ある程度下がって上がらなさそうなら、次少し上がった時に損切りして買い直す

のはどうでしょう?

 

数百円の損失で売ってしまって、新たに直近で安いトルコリラを買い直せば、

半年で4.6円も下がっても、為替の打撃をそこまで受けずにスワップポイントをもらえるのでは?

と思うのです。

 

売るタイミングを水曜日を外せば水曜日スワップの恩恵には預かれますし。

ただ、トルコリラってスプレッドが高いんですよね。

SBI FX トレードで2018年3月現在トルコリラのスプレッドは4.8円。

USドルや他の通貨に比べて高めなんですよ。

なので、頻繁な売り買いがしにくいのは確かです。

 

 

一番良いのは、トルコリラの為替が上がってくれることなんですけどね。

FX素人、初心者の考えなので、実はこの考えは利益ではなく損失ばっかりなのかもしれません。

というか、もしかして言われなくても当然な考え方だったり?

 
スポンサーリンク



FXって、土日休み!でも、祝日は?

 

FXって、土日休みなんですね。

正確に言うと、SBI FX トレードの取引時間は、月曜日の7時から土曜日の6時半までです。

サマータイムだと土曜日5時半までだそうです。

 

と言うか、もうサマータイムに入ってますね!

3/12(月)よりサマータイムに移行、とのことです。

 

日本にいるとサマータイムってあまり関係ないですが、

あれ、実際に体験すると、本当に変な感じがします。

朝起きたら1時間早かったり遅かったり。

大抵スプリングブレイク(春休み)あけだった気がします。

懐かしい話です。

 

 

FXって、毎日毎日デイトレーダーさんがパソコン画面に張り付いているイメージでしたが、

土日休みなんですね。

なんか意外でした。

 

いや、金融関係って土日休みなので当然と言えば当然なのですが。

あとは、祝日や元旦などの休みの日もFX会社も休日だそうです。

子供が休みの時に休みなので、ある意味助かります。

子供が休みの日くらいは子供の世話に専念してあげたいですし、自分も休みたいですしね。

 

しかし、今日春分の日で祝日なのですが、普通に売り買いできています。

ん?

 

あれかな、海外が祝日じゃないから取引できるのかも

公式サイトに「日本が祝日でも海外が祝日でない場合は、お取り扱いいただけるケースもあります。」とあるので。

逆に言うと、海外の祝日も加味してFXしないとダメっぽいですね。

FX、難しいです。

 

貧乏主婦が1週間FXをやってみた、まとめ

 

1週間初心者の貧乏主婦がFXをやってみて、なんとなーくわかってきた気がします。

あれですね。

よくFX初心者講座みたいなので1円単位で計算しますが、

実際は0.1円とか、0.01円単位で損益が出るんですね。

 

今まだ1000通貨での取引なのですが、わからないまま買ってみた通貨が含み損ばかり。

やっぱり初心者です。

含み損は、数百円〜数千円くらい。

これが1万通貨だと、桁が増えるので怖いですね。

含み損が数万円単位とか、耐えれる神経を今はまだ持ち合わせておりません。

所詮は貧乏なので、無理ー。

そりゃ初心者が1000通貨からが良いって言われるわけですよ。

 

こんなの、リーマンショックとかで数円単位で下落したら、と思うと

そりゃ投資家がかなりの損失を抱えたのも頷けます。

 

 

とりあえずで買って含み損が出てしまっている通貨は、

中期から長期のスワップポイント狙いとして放置することに決定しました。

よもやオーストラリアドルがこんなに下落するとは。。。

1円とか2円とかの下落でも、こんなに損失が出るんですね。

FX怖い。

 

FXって、忍耐力が試されると思う。

 

 

スポンサーリンク