保育園と幼稚園の違い【実録】両方通う親が比較

2018年9月19日

スポンサーリンク

 

「幼稚園にしようか、保育園に入れるなら保育園に入れて働いた方が良いのか。」

と考えたことのあるママさんもいるでしょう。

私もそうでした。

 

現在我が家は、上の子が幼稚園、下の子が保育園に通っています。

両方通っている親だからこそわかること、思うこと、両者の違いを書いていきます。

こども園は身近にないのでわかりませんすみません。

 

保育園と幼稚園の違い ー両方通う親として比較ー

 

幼稚園と保育園の大きい違いは、管轄が文部科学省(幼稚園)か厚生省(保育園)かというところでしょうか。

一般的に言われる違いも合わせて、幼稚園と保育園の両方に我が子が通っている親だからこそ、感じた違いなどを書いていきます。

 

学費、給食費と保育料の違い

保育園と幼稚園、どちらがお安く済むのか気になるところです。

幼稚園は、月謝にプラスして給食費とかバス代とか諸々かかってきます。我が家の周りはトータルで3〜4万円弱/月くらい。

もちろん幼稚園によって月謝は異なりますし、私立幼稚園の補助金が名古屋市だともらえるので、世帯収入(市民税)によって実際の負担額も変わります。

 

保育園は、認可であれば行政が収入に応じた保育料/月を割り出してくれます。

年収によって保育料が変わりますので、保育料が安いか高いかは世帯収入(市民税)によります。

名古屋市の方はこちら。>>名古屋市サイト保育料について

 

保育園の給食費についてですが、認可保育園は、給食費込みの保育料です!お菓子代も給食費もすべて毎月支払う保育料に含まれます。

この事実を知った時私が疑問に思ったのは、

「保育園、幼稚園無償化になったら、保育料タダ=給食費&おかし代もタダ?!」

 

保育園、幼稚園無償化についてはそこまで詳しいことが発表されていないので今の段階ではわかりません。

 

入園料について

私立幼稚園だと、入園料が必要になります。5万円とか、3万円とか。

認可保育園に入るとき、入園料は必要ありません。

 

制服は幼稚園によってはないところもありますし、保育園でも年少以上からは制服とカバンが必須のところもあります。なので、入園時に準備するものの費用は、幼稚園や保育園によります。

 

1日の預かり時間がかなり違う

幼稚園は、大抵が9時始まり14時終わりです。

もしくは10時始まりとか、15時終わりとか。バスがある幼稚園は、9時ごろ迎えにきてくれて15時ごろバスで戻ってくる感じでしょうか。

水曜日は午前帰りの幼稚園もあります。

 

保育園は、朝早くから夜遅くまで。

親の勤務時間によって預かり時間が子供によって異なるのが保育園。

9時前に来る子もいれば、8時ごろから保育園にいる子もいる。帰り時間もバラバラで、16時に親が迎えに来る子もいれば、19時まで待っている子もいる。

 

幼稚園の「朝遅刻するー!」と、「降園時間だ!お迎え間に合わないかも。」のハラハラ感がないのが保育園。(親の仕事に遅刻するー!はあるけど。)

 

幼稚園は親が子供に対して「おかえりなさい」と言ってお迎えしますが、保育園は保育士さんたちに「おかえりなさい」と言われるので最初戸惑いました。

下の子が通う保育園では、多少子どもの登園がいつもより遅れても早くても誰も何も言わないし、連絡帳に書いたお迎え時間から多少遅れてしまっても、連絡不要で何も言われません。「遅刻は、おやつの時間や給食の時間に間に合わない時だけ数の調整が必要なので連絡ください。」と言われました。もちろん欠席の連絡は必要です。

 

隣の市のこども園に通う知り合いは、「うちは送りやお迎え時間すごい厳しいよー。」と言っていたのでこども園や保育園によるのでしょう。

いちいち「今日残業で20分お迎え遅れます。」なんて連絡されても、対応するのも大変なので大らかなのかも。

 

夏休み、冬休み、春休みの長期休暇

幼稚園児の親として、働きに出ようとしても困るのが夏休み。大体が小学生と同じスパンでの夏休み、冬休み、春休みです。

最近は、夏休みでも追加料金を払えば延長保育してくれる幼稚園も増えてきました。

 

保育園は、夏休みはありません。お盆休みがあるかは保育園次第。(下の子の保育園はなかったです。)

冬休みは、さすがに保育園も年末年始はお休みですと言われています。

そういえば、土日祝日は保育園によって預かってくれるか異なります。下の子の保育園は土曜日は希望したら預かり可能、日祝はお休みで預かりなしです。

 

春休みは、幼稚園は当然ですが、保育園でも卒園する学年は卒園式の後どうするかは家庭事情によります。

もちろん仕事を休めるわけでもないので、卒園式の後も希望すれば預かってくれるのが保育園です。

ただ、問題が小学校入学なんですよね。保育園預かりは3月末まで。4月入ったら保育園のように長時間安全に預かってくれるところがあるのかと。

大抵は学童に預けることになるかと思いますが、この辺りの調整も大変そうです。

 

延長保育についての違い

幼稚園に物申したいのは、「夏休みならなんで8月の月謝を払う必要があるのかー!!」と。

1ヶ月まるっとお休みですやん。幼稚園行ってないのになんで月謝払わないといけないのでしょうか、と。言っても仕方ないので払いますけどね。(貧乏なのでそう思うのかも。)

 

時間外の延長保育をしているのは幼稚園も保育園も一緒です。ただし、幼稚園は朝の延長はないです。

 

保育園の延長保育

保育園の延長保育は、朝と夜。

保育園によって延長保育時間や費用が異なりますが、下の子の保育園では、18時半〜19時半で間食費込みで250円/1日とかです。(人によって時間と料金が違う)

翌月まとめて諸費として請求されます。

事前の申し込みが基本ですが、朝はともかく夜の延長保育は急の対応も可能かと思います。(急な残業とか。要電話連絡だと思います。)

 

ちなみにですが、平常保育時間は下の子の保育園では8時半〜16時半です。(短時間預かりの人だと、朝延長でもお金かかります。)

幼稚園の延長保育

幼稚園の延長保育は、降園後と夏休みなどの長期休暇中です。

降園後の延長保育は、大抵最大17時までのところが多いです。

 

費用は降園後2時間で500円とか、300円とか。

迎えに行く時に延長料金を支払う幼稚園もあれば、月まとめで月割引がある幼稚園もあります。

たいていはお菓子も出ないし、お昼寝ができるわけでもないので、年少さんでがっつり17時まで毎日延長は体力的にキツイと思います。

 

降園後に、英語教室や体操教室、学研などを利用できる幼稚園も多いです。親が迎えに行く必要なく、降園後に英語や体操などを教えてくれるので、お金に余裕があれば利用するのもおすすめです。

 

夏休みの延長保育は、午前中だけや9時〜15時など時間もさまざま。また、延長保育期間も決まった期間3日間だけや、お盆以外は全期間など、幼稚園によります。

費用は幼稚園によってだいぶ異なります。

 

お昼ご飯の違い、給食かお弁当か

保育園は、給食です。給食室での手作り。

おやつも手作りだったり(日による。市販のお菓子も出る。)、手が込んでいるイメージ。

保育所って、調理室が備わってないとダメなんですね。今調べて初めて知りました。

 

幼稚園は、給食だったりお弁当持参だったり、仕出し弁当が出たり園によって異なります。

月、水曜日が仕出し弁当で、あとはお弁当持参とか。

仕出し弁当の値段は1食280円とか 最近値上がりして300円とか320円とかでしょうか。

幼稚園ではお菓子は出ません。14時とかに終わりなので家で食べます。

 

園で給食手作りのところがうらやましいです。温かいお昼ご飯を食べることができるので。

あと、親の手間。偏食の子のお弁当作りは大変と聞きますが、逆にお弁当だからこそ嫌いなものを避けて我が子が食べられるもののみを入れることができるとも聞きますが、給食の方が断然楽です。

先生の人数の違い

幼稚園は1クラス35人以下に1人の担任。

保育園は、0歳児3人につき1人、1歳2歳児には6人につき1人、3歳児20人につき1人、4歳5歳児30人につき1人、と決められています。

 

しかし、保育園のほとんどが、基準以上の人数の保育士さんがいると思います。

保育園にもよりましたが、1クラス20人くらいに3人くらい常時先生がいる感じ。年少以上の学年でもです。

 

2歳児以下クラスは先生がたくさんいるのはわかるんですけど、幼稚園に子が通っている親としては、年少以上の学年に先生がたくさんいるのがすごい違和感でした。

幼稚園で20人弱の年少さんを1人の担任が指導しているのを見ているので、保育園で3人以上先生たちがいるのが不思議でして。

保育園はシフトの関係で1クラスに3人くらい担任がいるのが多いようですね。朝早くから夜遅くまで、土曜日もあったりするのでそりゃ1人の担任では回りません。

 

幼稚園ですが、上の子の幼稚園は1クラス20人上限で1学年2クラス。全体の補助の先生が1人います。幼稚園によっては一学年に補助の先生が1人ずついたりするようです。

複数担任のデメリット

幼稚園に慣れていた私は、複数担任でシフト制なのがどうも慣れない。

幼稚園では子供のことで相談するときは、クラスの担任に相談すれば話がスムーズに通ります。

(上の子が通う幼稚園は、すごい細かなことまで担任の先生が把握してくださっているので助かっています。)

 

しかし、保育園児の子の相談をしたいとき、クラスの担任の1誰かに相談をすれば良いのですが、何せ20人弱を3人の担任+パートの先生で回しているので、細かーいことは先生同士で情報交換できてないことがあるんです。

責任の所在がばらける感じがするんです。

 

例えば、

「M君に叩かれた。嫌だった。」など特定の子からの何かが頻回であった時に、幼稚園だったら担任が気をつけて指導してくれるんですけど、

保育園だと複数人先生がいるので、誰かが見ているだろうで誰も見てなかったり、詳細を知っている先生がシフト休みで不在とか。

もちろん先生たちは精一杯やってくださているのもわかっているんですけど。。。

 

運動会や発表会などのイベント、日中の過ごし方

幼稚園でも保育園でも、日中の過ごし方は園によってかなり違ってきます。

同じ幼稚園でも放任主義でずーっと自由時間なところもあれば、時間ごとにきっちり予定を決めて過ごすところもあります。

保育園で教育に熱心なところもありますし、日中の過ごし方については幼稚園、保育園の違いというよりは、園の違いが大きいです。

 

保育園にも運動会はあります。年末あたりの発表会は、幼稚園でも保育園でも行なっている園が多いです。

遠足は、親子遠足か子供達だけで遠足に行くのかは園によります。

保育園で参観日があるところもありますし、幼稚園ではもちろんあります。

 

芋掘り遠足とか、年中行事がどれくらいあるかも幼稚園、保育園の違いというよりは園の違いが大きいです。

 

送迎方法の違い

保育園は、必ず親が保育園に送迎しなければなりません。

幼稚園は、園によってバスがあったりと送迎方法はさまざま。

 

保育園は送迎必須なので、駐車場があるところが多いですね。

幼稚園は駐車場がないところもありますし、園バスがあっても住んでいる場所によっては停留所が家から遠くて大変なところもあります。

たいてい公園が停留所になっていることが多くて、送迎時間は路駐が多くなったり。

 

園バス or 園まで送迎、メリット

親としては、家の近くの停留所の園バスが一番楽です。もしくは徒歩圏内の園。特に下の子妊娠出産の時期は、そのありがたみがよくわかります。

園バスでも、何か怪我とか問題が起きたら、送迎担当の先生から受け渡しの時に話があります。長引きそうなら園から電話が入ることもあります。

 

園まで送迎だと、子供の園での様子がわかって先生に直接聞けるのがメリット。

園バスのメリットは、自宅近くまで来てくれるので、雨の日や自分が体調不良の時などでも、子供を幼稚園に送り出しやすいのが大きなメリットです。

 

園まで送迎する場合のメリットは、先生に毎日会うのでその日の様子を直接聞くことができることです。

また、子供が言う「同じクラスのAちゃん、B君」の顔を直接見ることができます。(この子が仲の良い子ね、とか、ああこの子が例の子かあ、とか。)

 

自転車で送迎していて、下の子妊娠で中距離を徒歩で登園せざるおえなくなるママさんもたまに見かけます。(車持っていない、免許持っていないとかで。)

妊娠→下の子一歳まで軽く一年半以上自転車が使えなくなるので(下の子をおんぶすればもっと早くから復帰できますが)、下の子を考えているご家庭は最初にあらゆる送迎方法を考えておきましょう。

ママ友さんはどちらができやすいか

ママ友さんを作りたい人は、圧倒的に幼稚園がおすすめです。

保育園に通う親は、朝送る時は仕事の時間があるのでみんな急ぎなので会話はほぼなし。

お迎えも、産休中のママさんやパートで若干余裕のあるママさんは立ち話していたり近くの公園で子を遊ばせている人もいますが、たいていは足早に帰って行きます。

そもそも送迎の時間がバラバラなので、時間が違う親御さんとはまーったく会いません。

 

幼稚園は、園バスの場合はバス停が一緒のママさんくらいしか接点がない感じですが、どうなんでしょう。

停留場所の人数が多いと、ある程度グループ化するのはママになっても女の世界。

幼稚園によってママさんたちのカラーが異なるのも面白いところで、セレブ系幼稚園はセレブな方々とそこそこな方々と二分するとかしないとか。

保育園はパパが送り迎えするところも多いですが、幼稚園はほぼ9割以上がママの送り迎えです。たまに有給とか平日休みのパパさんが送り迎えしています。

 

PTA役員について

PTA役員をすると交流の輪が広がるのは保育園も幼稚園も一緒です。

幼稚園によっては、未就園児の下の子がいる家庭は役員しなくてい良いルールがあるところもあります。

立候補制だったり、クジ引き制だったり、先生からの名指し推薦だったりと、PTA役員の決め方も園によっていろいろです。

 

幼稚園でも働きながら役員やっているママさんがいるので頭下がります。

ママ友の輪を広げたい方は、PTA役員にぜひ!

 

保育園と幼稚園の違いを表にしてみた、比較

 

ざっと保育園と幼稚園の違いを表にしてみました。

補足事項があるものもありますが、先に書いた通りです。

 

 保育園(認可)幼稚園
保育料給食費、お菓子代込み。
世帯収入による
月謝2万5千円くらいプラス給食費、バス代、写真代など。
私学幼稚園補助金が世帯収入によってある場合は実費負担額は収入次第。
入園料不要5万円とか3万円とか必要
預かり時間朝から夜まで親の仕事の時間による。
土日祝は園によるが、土曜可のところは多い。
9時〜14時がほとんど。
水曜日午前帰りのところもあり。
長期休暇お盆は園による。年末年始くらい。夏休み、冬休み、春休み
延長保育朝、夜。
間食費込みで250円とか。
17時までがほとんど。
朝はない。
2時間で500円とか園による。
お昼ご飯保育園の調理室で手作り給食かお弁当持参か仕出し弁当が出るかは園次第
先生の人数1クラス20人くらいの子に対して担任3人以上いる感じ1クラス35人以下で担任1人
(たいてい1クラス20人くらい)
送迎方法保育園まで直接送り迎え園によって直接か、園バス利用か
お昼寝夏になったら年長含む全学年ある園もあるない

 

保育園は働く親として楽だけど、幼稚園も良いところがあるし

保育園に預けられた方が働く親としては楽です。

しかし、子供のことを考えると、幼稚園くらいの預かり時間の方が子供の負担が少ないです。

 

自分が小学2年生から両親が共働き鍵っ子になった時も寂しかったですし、

うちの上の子は年長さんですがいまだに甘えたで「ママ〜」なところがあります。

下の子も長時間預かり(8時45分〜16時半)がずーっと続くと疲れてしまうみたいで、週末に近づくと夕方機嫌が悪くなることもあります。(お昼寝ありでも。)

 

子供が小さいときくらいは、ママと一緒の時間が長くて良いのではないかと思ってしまいます。

もちろん家庭事情によって保育園に預けて働きに出ないと、というご家庭があるのも重々承知ですし、我が家もそうなので預けているのですけども。

 

幼稚園でも、延長保育が毎日だとお昼寝なしなので、ある意味保育園より子供に負担で大変だったりします。(お菓子なかったりしますし。)

保育園か幼稚園か迷っておられる親御さんは、自分の事情だけでなく、子供の負担についても考慮した方が良いと思うのが、両方預けている親としての思うところです。

 

私は今もなお、来年から下の子を保育園に申請するか幼稚園に入れるか迷い続けています。(下の子の通う保育園は2歳児クラスまでの小規模保育園のため、来年の受け入れ先を探し中。)

上の子の幼稚園の学期始めと学期終わりに長い期間午前保育になる(延長保育もない)のが悩んでいる最大の原因です。

 

スポンサーリンク