私立幼稚園なのに1号認定子ども保育料?私学助成との違い、比較<お得なのは?>

2018年9月11日

スポンサーリンク

今日、9月3日月曜、幼稚園の願書配布が始まりました。

私も幼稚園の願書を受け取りましたが、名古屋市の私立幼稚園でも私学助成ではなく、一号認定子どもの保育料を適応する幼稚園があることを知りました。

(下の子の通う保育園は2歳児までの小規模保育園のため)

 

幼稚園なのに一号認定子供の保育料?私学助成と何が違うの?負担はどちらが大きい?

気になったので調べました。(平成30年度の金額調べ。来年は多分また金額変更ありそう注意)

 

子ども・子育て支援新制度って何?

「1号認定子ども」というと、保育園を利用している子向けのイメージがあります。

しかし、「子ども・子育て支援制度」によって、私立幼稚園でも1号認定子どもの保育料を利用することができます。

 

「子ども・子育て支援新制度」とは、平成27年4がつにスタートした内閣府推奨の制度だそうです。

>>内閣府公式サイト「よくわかる『子ども・子育て支援新制度』」

 

いろいろと支援新制度について書かれていますけど、現状見ている限りでは何が変わるのかよくわからないです。

何が今までと違うの?と。

 

要は、私立幼稚園に関しては「子ども・子育て支援新制度」を利用しても良いし、私立助成を利用しても良いよ、というところみたいです。

下の子が来年幼稚園入園の年なので、今新たに周りの私立幼稚園について調べているのですが、名古屋市の我が家の周りの幼稚園は、ほとんどが私学助成(私立幼稚園補助金支給)でした。

「子ども・子育て支援新制度」を利用する幼稚園の場合は、1号子ども認定の保育料+教材費等が毎月必要となっています。

 

幼稚園でも1号認定子どもとは

私立助成の場合、5月くらいに書類を提出して、年末に幼稚園から補助金が振り込まれます。

なので4〜12月までの学費を一旦支払う必要があります。

 

1号認定子どもの場合、年収によって保育料が変わってきます。

年収で決められた保育料を毎月払うので、補助金がもらえるまでじっと耐える生活からは解放されます。

ただし、私立助成の補助金と金額が異なるので、トータルではどちらがお得か?!という疑問が生じます。

 

例えば名古屋市の1号、2号・3号認定の保育料

例えば名古屋市の認定による保育料の違いです。

 

保育料の基準額表が2号・3号認定子どもだとかなり細かいので転記はしないです。

ただし、かなり階層が細かくわかれているので、年収が増減してもそこまで大きく負担額が上がるわけでもないです。

 

1号認定子どもの保育料@名古屋

1号認定子どもの保育料についてですが、A階層(生活保護など)、B階層(非課税世帯)は略。

税金を納めているC階層の区分は6つにしかわかれていません。

市民税所得割課税額が基準です。

  1. 43,799円以下  →  4,300円
  2. 43,800円〜77,100円  → 8,900円
  3. 77,101円〜109,999円  → 15,900円
  4. 110,000円〜211,200円 → 19,300円
  5. 211,201円〜270,900円 → 20,900円
  6. 27,901円以上   →  21,900円

です。

 

年収目安

市民税所得割課税額77,101円くらいは年収360万円程度、

市民税所得割課税額109,999円くらいは年収495万円程度、

市民税所得割課税額211,201円くらいは年収680万円程度、と言われています。(かなりふり幅があります。)

 

保育園では?1号子どもと2号、3号子どもの違い

保育園を利用しようとすると、親の事情によって保育認定が1号なのか2号・3号になるかが変わります。

 

両親共働きなどで保育園を利用したい場合は、2号(3歳以上)・3号(3歳未満)認定。

保育の必要性無しと判定された場合は、1号認定となります。

 

何が違うかというと、預かり時間と保育料です。

 

こども園指定の保育園であれば、1号認定子どもとして預けることができるところもありますが、預かり時間は2号・3号認定の子どもよりも短く設定されています。(例:10:00〜14:00)

ただ、延長料金を払えば保育園並みに預かってくれるこども園指定の保育園が多いです。

保育料は収入によって異なりますが、2号・3号認定よりもざっくり大雑把な階層わけになっています。

 

2号・3号認定と1号認定はどちらがお得?

例えば、市民税所得割課税額が77,101円以上109,999円世帯の場合。

1号子どもだと月15,900円+教材費とか給食費とかかかります。おおよそ18,000円〜2万円月負担目安。延長を使う場合は+延長料金。

2号・3号子どもだとC7階層(67,000円〜88,800円)で16,100円(標準時間)負担か、C8階層(88,800円〜110,000円)で18,400円(標準時間)負担です。

給食費などは込みの料金ですし、延長も18時半以降からとかにしかならないので、ガチフルタイムで働いている家庭くらいしか使用しないと思われます。

 

1号子ども:月2万円くらいの負担あり

2号・3号子ども:月16,100か18,400円くらいの負担

なので、若干両親共働きのご家庭の方が負担が少ないということになっています。

 

ただし、市民税所得割課税額が211,201円以上(年収680万円くらい)になってくると、2号・3号子どもの負担の方が多くなり、1号認定の方がお得です。

年収400万円〜450万円くらいだと、2号・3号認定の方がお安くなります。

 

1号認定子どもの保育料  v.s. 私学助成(私立幼稚園の補助金)

一番比べたいのは、これです。

「1号認定子どもの保険料と、私学助成での私立幼稚園の補助金、どちらがお得になるの?お安くなる??」ということです。

 

結論から書きますが、平成30年度の金額だけでいうと、私学助成の方がかなりお得です!!

市民税所得割課税額が285,300円(年収870万円くらい)を超える世帯は、おそらくは1号認定子どもの方が若干お得になりそう。

ただし名古屋市の場合、なので、他の地域では私学助成より1号認定子どもの方がお得な地域もあるかも?です。

 

あと、私学助成は幼稚園@名古屋だと年末支給なので、年末までは普通に学費を払わなくてはいけないという負担があります。

 

例:学費月2万5千円の幼稚園で年収400万円世帯の場合

例えば、学費月2万五千円の名古屋市だと平均的くらいの幼稚園に通う、年収400万円世帯の場合。

平成30年度の私学助成の補助金は、年収400万円だと市民税所得割課税額が104,100円以下の世帯なので、1人目だと187,200円、2人目だと247,000円です。

1人目: 25,000×12  -187,200 = 112,800円÷12ヶ月 → 9,400円/月

2人目: 25,000×12  -247,000 = 53,000円÷12ヶ月 → 約4,416円/月

の負担です。

 

1号認定子どもの場合

もし、その幼稚園が1号認定子どもの制度を利用したら。。。

年収400万円だと市民税所得割課税額が77,101〜109,999円以下の階層になるので、保育料は

1人目; 15,900円+2千円程度(教材費や諸経費)/月

2人目: 7,950円+2千円程度(教材費や諸経費)/月

 

です。

さらにこれに給食費やバス代がかかってくるのです。

1号認定子どもの制度の方が、より通わせる親に負担がかかることがわかりました。

 

もし年収が350万円くらいで77,100円以下の階層の場合は、

1人目: 8,900円+2千円程度(教材費や諸経費)/月

2人目: 4,450円+2千円程度(教材費や諸経費)/月

なので、やっぱり私学助成の方がお得で負担が少ないです。

 

貧乏家庭には負担でしかない、1号認定子どもの制度

平成31年度になってそれぞれの金額が改定される恐れが大なので、来年度のことはなんとも言えません。

市民税率変更に伴ってかわかりませんが、私学助成の基準が今年度から市民税所得割課税額104,100円(年収490万円目安)なので、私学助成の方が1号認定子どもより負担が少ない家庭の方が多いでしょう。@名古屋市

(前年度までは77,100円が基準目安だった私学助成です。さて来年はどうなることやら。)

>>平成30年度の私立幼稚園の補助金について@名古屋

 

平成31年度の基準月額表は改定になる?

9月から下の子の保育園料が変更になったんですけど、どうも平成30年度の基準月額表(2号・3号認定子ども)の基準表にそってないんです。

割り当てられた金額が、表の基準額より一段下だったんです。

 

たぶん、今年度から市民税と県民税の割合が変更になった兼ね合いがあるのかも知れません。

平成30年度の基準月額表は市民税率5.7%時代のものですね。平成29年度の額と変わりがないので。市民税7.7%の場合の基準月額表は公表されてないっぽいです。

いや、9月始まりだとか言うんだったら、新しい基準も9月始まりで改定しようよ名古屋市さん。私学助成だけちゃんと基準額引き上げといて、1号、2号、3号認定子どもの基準月額表放置とかどんなですか。

8月終わり9月始めとか意味不明な時期初めにするから、わけわからなくなるんですよ。

 

そう考えると、平成31年度の利用者負担基準月額表は、1号認定子どもも2号・3号認定子どもも改定される予感。

むしろ市民税率上げといて、基準額変更なしとか鬼すぎます。

平成31年度に関する情報は、9月初めの今現在、保育園申請時期も合わせて何の情報もないです。9月の「広報なごや」にも何も載ってなかったです。

 

我が家の事情、一番安くてお得なのは

実は、我が家は夏のボーナスが出たり、旦那のベースアップがあったりして今年度の年収が市民税所得割課税額に換算するとどうも77,100円を少し超えそうなんです。本当に少し。市民税率上がったし。

でも今年度から私学助成の基準が変更になったおかげで、来年度も市民税所得割課税額104,100以下の世帯になるし、2人目だし負担がかなり減るわー、と思っていたのです。

 

我が家だと、今年度の金額で一番お金がかからないのは私学助成利用の幼稚園!

何せ2人目で今年度の金額だと247,000円補助金が出るとのことで(毎年金額変わるから来年は不明)、そうすると学費負担は月約4,400円!給食費とかバス代とかプラスしてかかるとしても、かなりお得!!(学費2万5千円として)

 

次にお得なのは、保育園。

給食費やお菓子も出してもらえて、かなりの時間預かってもらえるのに16,100円の2人目半額で8,050円くらい/月で預かってもらえるのです。(もしかするとうまくいけば13,200円の2人目半額で6,600円/月かも。)

給食費とか延長保育料を考えると、保育園の方が安いかもしれない。

 

最後、負担がかかるのが、1号認定子どもの保育料のこども園や幼稚園。

来年度77,101円を少し超えそうな我が家の予想負担額は、15,900円の2人目半額7,950+教材費などの諸経費2千で約1万円負担。

もし、77,100円以下でいけたら、8,900円の2人目半額4,450円+2千円で約6,500円負担。

プラス給食費とかもろもろ。

 

うまーく77,100円以下に入れたらまだ楽なんですけどね。

それでも保育園の方が安いし、私学助成がお得。

1つ階層ランクアップで月3,500円負担増、年間で42,000円負担増ですか。

 

 

そういえば、今まで77,100円基準で泣きをみてきた私立幼稚園の補助金基準でしたね。今年度改定されましたけど。まさか自分が悩まされることになるとは。

小学校以上になると就学援助で4人世帯だと年収460万円くらい以下だと対象になるんですが、なんで就学援助対象になる世帯なのに、こんなに幼稚園、保育園代がかかるのかと泣けてきます。早く無償化してください。

今時幼稚園にも保育園にも行かずに小学校からなんて子もいないでしょう。

 

まとめ、それでも子どもに一番良いことを考える

この前、隣の県のM市在住の人と話したんですけど「M市はもうほとんどがこども園になっているよ。名古屋市って進んでいるイメージだったんだけど。」と言われました。

豊田市もほとんどがこども園になっているとの話。(豊田市在住の知人談)

 

名古屋市!頑張れ!!

なんで名古屋市はこども園へ移行しようともしないのでしょうか。

 

名古屋市で一番安く未就学児を預かってもらえるのは、おそらく名古屋市立幼稚園ですね。

年収に関わらずかなり安い!2人目で4,900円はおいしい。(プラス教材費等)

入園料も入園時加算で入園する月に7,000円支払うだけで良いし。

近くの名古屋市立幼稚園は、夏休みの延長保育も有料だけど預かりあるようになったって言ってたし、願書もらってきた幼稚園より名古屋市立幼稚園に変更しようかなあ。

 

スポンサーリンク