手取19万円→20万円貧乏一家の生活費ぶっちゃっけ、いくらあったら楽に暮らせるのか

2019年6月2日

スポンサーリンク


この前、ネットニュースを読んでいたら、共働きで手取り22万円で子育て中で困窮している@沖縄、という記事がありました。

沖縄では車が1人一台必須で維持費も大変、とのことでした。

そういえば我が家が手取り19万円→20万円でどのようにくらしているのかを、家計の見直しも兼ねて書きたいと思います。

 

ぶっちゃっけ我が家の生活費

なぜ19万円→20万円と書いているかですが、去年度旦那の給与が少しベースアップしたからです!

約1万円上げ、素敵。

 

光熱費、通信費

さて、ぶっちゃけ我が家の光熱費ですが、こんなかんじです。

  • 電気代  :5,000〜9,000円
  • ガス代  :4,000〜13,000円
  • 水道代  :10,000円(2ヶ月に1度)
  • インターネット固定電話代  :7,000円
  • ケータイ代  :不明。2人で5,000円くらいかな。

 

電気ガス光熱費は、夏と冬で振り幅あり。

冬は灯油代がプラスされます。

 

水道代はもう少し抑えたいですが、努力してない結果がこれ。

ネット代は諸事情で今高いけど、夏には4,000円くらいに落とせます。

ケータイ代は旦那カード引き落としなので明細不明。でもガラゲーなので安い。

 

光熱費、通信費合計で、月々35,000〜45,000円くらい。

水道代が2ヶ月に一度の請求なのがわかりにくい。

冬がいつもよりプラス1万円くらいかかるので、やりくり大変です。

 

子どもの学費、習い事費

上の子幼稚園は、学費とたまの仕出し弁当代で月々26,000円くらい。

年末に私学援助の補助金がもらえるので、年度によりますが半分くらいは戻ってくる感じ。

でも11月までは支払い必須なので、出費が痛い。

 

上の子ヤマハのピアノは、月謝は親持ち。

半年に一度の教材費は我が家負担なので、貧乏一家には地味に厳しい。

 

車維持費

一応車なしでも生活できるエリアなのですが、下の子が生まれる時に中古の軽自動車を買いました。

(旦那の休みがないので、子ども2人連れて買い出しするには車必須。)

私の貯蓄で購入し、維持費も貯蓄からだしていたので、まさにマイカー。

 

  • ガソリン代月2,800円くらい
  • 年一回軽自動車税
  • 年一回任意保険3〜4万円
  • 2年に1回車検7万円くらい

 

しかし、去年から車用の貯蓄が無くなってしまったので困っています。

去年は旦那のイレギュラーなボーナスに助けられましたが、やっぱり私の収入を上げるしかありません。

 

生命保険、学資保険、その他保険

我が家は貧乏ですが、貧乏だからこそリスクマネージメントは大切と思い、生命保険と子どもの学資保険に入っています。

>>貧乏一家、入院したらいくらかかる?!生命保険のおすすめポイントは?

>>※訂正版!貧乏一家、子供の生命保険に悩む <coop共済と県民共済を比較>

 

  • 旦那、私の生命保険合わせて、16,000円弱
  • 子どもの生命保険(先進医療と個人賠償責任保険対策)2人分、2,200円
  • 子どもの学資保険2人分、約1万円
  • 火災保険2年に1回、月割りで千円くらい

 

子どもの学資保険は年払いにして、タンス預金しています。

本当は親の死亡保険に入りたい。旦那はこれから千円くらいで入る予定、私は病気してしまったので入れず。

生命保険はガン保険も合わせてですが、通院保障が弱いので、もう少し余裕が出たらガン保険の通院保障を手厚くしたい。

>>貧乏一家、ガン保険についておすすめを専門家に聞いてきた

 

残りは食費、消耗雑費、遊興費

さて、保険約3万円、光熱費通信費で45,000円として、合計で75,000円。

家賃がすごいやすく住めていて、駐車場代合わせて約4万円。

上の子の学費がアバウトに13,000円月割りとして、旦那にお小遣いとして1万円渡しているので、合計で138,000円

 

手取り20万円 ー138,000円 = 62,000円が残り。

 

家族4人の食費、消耗雑費、衣服代、遊興費が約6万円/月です。

これがどれだけ無理な数字でどれだけ厳しいかおわかりになるでしょうか。

 

旦那が毎日お弁当なのもあって、毎月お米20kg消費で約7,000円。

週2回の食品消耗品買い出しで五千円くらいなので、月45,000円くらい。

月1回外食で息抜きをする用の3,000円(ランチ限定)。

 

残りは、私の化粧品買って終了です。

なので遊興費なんて残りません。公園とか緑地とかってタダだから素敵ですよね。

 

衣服代

衣服代はどうしているかですが、子どもの服は姉一家からのお下がりを基本として、帰省時に親にねだりして西丸屋で買ってもらったりしていました。

最近は帰省できてないのでシーズンオフに来年用を買ったりが多いです。

 

靴、靴下はかなりず年始の初売りで購入。

しかし、おわかりの通り、もはや残高がないのにどこから衣服代が出てくるのかのナゾ。

 

貧乏一家にキツイのは人付き合い経費

幼稚園の友だちの家に遊びに行くとか、お茶しようとか、独身時代の友だちと会ってランチとか、

人付き合い経費が地味に痛い貧乏一家。

 

そして恐怖の冠婚葬祭。

結婚式は痛い。ヤバい。

 

両親が生きてて元気でお金に困っていないから暮らしていける

手取り19万円→20万円で家族4人やっていけるカラクリは、

  • 両親が元気でお金に困っていない(支援の必要がない)
  • 足りない分は少ない貯蓄を使用
  • 足りない分は児童手当を使用
  • 名古屋市は子どもの医療費が無料(歯医者も)

 

ですね。

あと、わかりきっていることですが、親は病院行くのためらいます。

ためらいつつの普通に行きますけど、医療費が発生するとマイナスです。

 

両親が元気でお金に困っていないのは、本当に助かります。

時おりお米やお肉の差し入れとか、息抜き材料を与えてくれるのもやっていける要因です。

これで親も困窮していたり介護が発生していたら、完全に無理です。

 

児童手当は本当に助かっています。

計算上は衣装代とかの不足分を補うお金ですが、実質は子どもの学資保険や学費に使われています。

 

貯蓄について

ここまででおわかりの通り、貯金は全くできいません。

と言うか、切り崩している始末です。

 

一応、月千円ずつ子ども用にタンス預金はしています。

お年玉は今のところ貯金に回しているけど、そろそろ小学生に上がったら自分で使うとか言いそうだなあ。

学費保険と、あと忘れてましたが実験中でつみたてNISAを月千円してるんでした。

>>SBI証券でつみたてNISAを初めてみました、おすすめ銘柄と貧乏我が家の投資金額

 

下の子が小学生に上がるまでのあと3年は貯蓄はあやしい。

2人とも小学生に上がったら、9年間は学費いらずなので貯金できるだろうか。

でも習い事経費や部活経費、塾とかのお金も必要だし、しんどいのは続きますね。

 

いくらあったら家族4人で普通に暮らしていけるのか

見ておわかりいただけるように、家族4人で暮らそうと思うと月手取り20万円ではたりないのです。

車の維持費まで回らない。

子どもの習い事代が出せない。

衣服代すら怪しい。

 

いくらくらいあったら家族4人でそこそこ余裕ある生活ができるんだろう?と考えてました。

家賃にもよるけど、月手取り25万円はあると嬉しいなあ、と思うのです。

あとボーナス!

やはり私学援助の世帯年収450万円(手取り313万8千円)は、1つの目安なんでしょうね。

>>就学援助とは?貧乏一家の我が子が小・中学生になったらもらえるお金

 

私の収入はどこへ?

我が家は去年度なんて、下の子の保育園料が上乗せされていたので泣きましたよ。

「なんで私の収入が足されていなくて、旦那の手取りだけでの月手取り20万円の計算??」

と思われた方は鋭いですね。

 

去年の私の収入は少なすぎて下の子の保育園料に達するか達さないかだったから除外しました。

若干私の収入が上がってきていて助かっていますが、病気した関係で出費が痛い痛い。

あと先月末から落ちてきているので、今月怪しい。

 

家計の見直し、やっぱり水道代ヤバイなあ。

上の子の小学校始まったら、節約を見直そう。

あとFXを地味に再開していたのですが、春休み終わったら本格的に再開しようかなあ。

スポンサーリンク